読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なめんなよ。

 

こっちが様子みてりゃいい気になりやがって。

そろそろ本気出すぞ。

 

と言い続けて30年が経ちました。

そして今日も僕は言う。

 

「なめんなよ」って。

自分を残念だと心から思った。

今日自分がやらない理由を作る天才だということに気づいた。

なにをするにもやらない理由を作っている。

 

なにをやるか決めるまでは得意だ。

あれやこれや、あーじゃないこーじゃない。

 

やっと決まった「これやってみよう…」もいつの間にか「やること」はどこかに消えている。

 

まだ勉強不足だから。

もう少し準備したら。

この程度では仕事とは呼べないから。

できるイメージができないから。

 

やる前からイメージできる奴なんているの?

結局なにもやってない。

結局一歩も進んでない。

毎回自分のクソさ加減に腹がたつ。

 

そして一歩ずつ着実に進んでいる人をうらやんで落ち込む。

なぜか素直に認めてあげられない。

 

自分を恨んで人を恨む。

本当にどうしようもない。

この自分のしょうもなさに苛立ちを隠せない。

 

自分がやりたいと思うこと。

自分が成長したいと思うこと。

自分が負けたくないと思うこと。

 

目の前にあるものから逃げるな。

今の自分の残念な姿から目をそらすな。

今のしょうもない自分を認めろ。

 

今日は自分の行動に腹が立ちっぱなしの一日だ。

センスがない人は一生センスがないのであろう。

センスがない。

これはどうしようもないことなのか。

 

今までの人生でセンスがあるものを選べたことがない。

なにひとつとして。

 

簡単そうにセンス良い判断をする人もいる。

 

思考回路が違うんだろう。

僕は経験を判断につなげることができない。

その時の感覚を重視しすぎてるのか?

 

日々の判断を重ねるたびに自分が道からそれていく自分がいる。

 

なにがいいのかわからない。

こうして今日も時間が過ぎる。

 

生きることは苦しい。

生きるのは苦しい。

 

いっそ消えてしまいたいと思う。

 

でもそれすらできない。

 

俺を誰も知らない環境でゼロからやり直してみたい。

 

環境を変えれば何とかなると思っているあたらりが自分らしい。

 

そう思ってしまう自分に問題があるのだと知っていながらも。

想いをゴリ推しする時代は終わったと思う。

無職だから、いろんなセミナーに行っている。

 

保険やら投資信託やらのセミナーに行ってきた。

 

ゲストが二人いた。

 

一人は賢い。

一人は熱血。

 

そこで感じた。

 

会社や商品に強い想いがあるのは結構。

でもその想いをごり押しするのはいかがなものか。

感情も持っていて賢いが最強だ。

 

どちらかというと自分も感情側の人間だからこそ痛かった。

熱く語る自分に酔っているのかもしれない。

自分でやっていて感じるが熱く語るのは結構誰でもできる。

 

感情が一番大切な時代もあった。

しか現代は感情だけでやっていける時代ではない。

 

感情に頼らず関心を持ってもらえる方法を身につけたいものだな。

そう思うのでした。

歯並びが悪いから本が読めない。

こちらの意図が伝わらない。

 

確かに僕は「駅に着いたら連絡をください。」と伝えた。

 

 

しかし彼はこちらに連絡をしないで自分で勝手に選んだ。

そして間違った。

他の人に迷惑をかけた。

彼には関係ないのかもしれない。

でもこちらからしたら大きな問題だ。

 

彼は言う。

「荷物が多いから連絡できなかった」

 

 

それが連絡できない理由になるのか。

 

荷物が多い=連絡できない

 

一体どういう関係性があるのか。

 

 

「歯並びが悪いから本が読めない」

 

っていうぐらい理由になってない。

いや。もしかしたら読めないかもしれないと思ったりもする。

 

 

こうして溝が深まっていく。

こうして距離ができる。

こうして全ての事柄が移り変わっていく。

 

執着してはいけないなと思うのでした。

静かでWi-Fiが使えるカフェがないよ。

Wi-Fiが使えるカフェがない。

スタバしか選択肢がない。

無職のくせにカフェでドヤりたいんだ俺。

 

なぜカフェはフリーWi-Fiを設置しないんだろう。

回転率が悪くなるからか。

儲からないからか。

静かでWi-Fiが使える店があったら毎日行きたい。

 

あ。ドトールとかはあんまり行きたくない。

なんでだろう。

 

高くてもいいから。

 

東京でそんなのはできないのでしょうか。